作品

海外受けするが日本ではあまり評価されなかった作品

和洋折衷スチームパンク

明治の文明開化、鹿鳴館スタイルを元に独自のアレンジで日本の民族衣装である 着物と洋装のスチームパンクスタイルのはしりでもあった。

スチームパンクファッション

今は活動停止している、東京発明者協会との出会いが、ヨゼフの奥底に眠っている ファッション感覚、不思議で自由な発想の作品制作に火をつけた。

スタイルの幅は留まらなかった

ディーゼルパンクからサイバーパンク、空賊、その他様々なファッションシーンを スチームパンクで表現して来た 甲冑でダースベーダーを表現したサムライベーダーは海外においても高い評価を得た デザインフェスタで使用したガジェットは様々なスチームパンカーに衝撃を与えた。